RECENT TOPICS

2分でわかる人間システム工学科

2分でわかる 人間システム工学科

NEWS

2022.11
山本研究室(ヒューマンコミュニケーション研究室)の眼球運動トレーニングに関する研究シーズが,Forbes JAPAN 2023年1月号に掲載されました.
山本倫也・工学部教授らは,読み書きや球技が苦手な子どもたちの問題が,眼球運動のトレーニングによって改善される点に着目し,そのデジタル化,AI化の技術開発を進めています.この技術の社会実装を目指して進めているプロジェクトが「眼球運動のトレーニングが勉強と運動の未来を切り開く」と題して,「事業化を目指すイノベーティブな6つの研究シーズ」の1つとして掲載されました.
2022.10
10月9日~12日に開催された2022 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2022)において,内藤健司氏(画像情報処理研究室・M2)がBest Student Paper Awardを受賞しました.
Kenji Naito and Koh Kakusho「Segmentation of Indoor Daily Living Environments into Regions Used for Different Purposes」
2022.10
9月14日~16日に開催された第38回ファジイシステムシンポジウム2022(FSS2022)において,越智健太氏(神経知能工学研究室・M1)がFSS優秀発表賞(Fuzzy Special Session Presentation Award)を受賞しました.
越智健太「他者への信頼度が過誤記憶生成へ及ぼす影響」[賞状]
2022.10
東 剛且氏(感性工学研究室・B4)がMUFG Data Science Champion Ship「クラウドファンディングの資金調達の成否を予測しよう!」(2022年8月30日-9月22日開催)において1位入賞が決定しました.宮嶋大輔氏(感性工学研究室・B4)も7位に入りました.
2022.10
イノベーションジャパン2022-大学見本市&ビジネスマッチング-Onlineに出展しました(大学等シーズ展示).
◆視るトレ:ビッグデータ駆動型の眼球運動トレーニングシステム(山本倫也教授・ヒューマンコミュニケーション研究室
◆AI・ビッグデータによる価値の協創,共有,循環(長田典子教授・感性工学研究室
◆人に寄り添う動作支援技術(起立支援装置・車椅子)(中後大輔教授・サービスロボティクス研究室
2022.09
9月12日~14日に開催された国際会議 25th the International Conference on Climbing and Walking Robots and the Support Technologies(CLAWAR2022)において,中後大輔教授(サービスロボティクス研究室)らの発表がLocal Organising Committee Award, Environmental Robotics Application for Sustainability, 1st Prizeを受賞しました.
[賞状] [ChairであるOsman教授(ロンドンサウスバンク大学)と中後教授]
Daisuke Chugo1, Yuya Miyazaki2, Satoshi Muramatsu3, Sho Yokota4, Jin-Hua She5 and Hiroshi Hashimoto6, "Human models simulating the physical conditions of the elderly individual and standing assistance method based on these models," in Proc. of 25th the Int. Conf. on Climbing and Walking Robots and the Support Technologies, pp.604-616, 2022.
1 関西学院大学工学部
2 関西学院大学大学院理工学研究科修士1年
3 東海大学情報理工学部
4 東洋大学工学部
5 東京工科大学工学部
6 東京都立産業技術大学院大学
2022.09
菅野翔平氏(エンタテインメントデザイン研究室・M2)・片寄晴弘教授の発表が,情報処理学会 第135回音楽情報科学研究発表会(夏のシンポジウム)においてベストプレゼンテーション賞(Best New Direction 部門)を受賞しました.
菅野翔平・片寄晴弘 (関西学院大学)「深層学習分類モデルを用いたJ-POPにおける発声法の推移の分析」
2022.09
中尾 歩氏(ヒューマンコミュニケーション研究室・M2)・山本倫也教授らの発表が,ヒューマンインタフェース学会 ヒューマンインタフェースシンポジウム2022においてプレゼンテーション賞(プログラム委員会賞)を受賞しました.
中尾 歩 (関西学院大学), 青柳西蔵 (駒澤大学), 山本倫也 (関西学院大学), 北出勝也 (視機能トレーニングセンター Joy Vision), 井阪幸恵 (和泉市立国府小学校)「通級指導教室の児童に向けた眼球運動トレーニングシステムの開発」
2022.07
長田研究室(感性工学研究室感性価値創造インスティテュート)の研究成果「テント空間と創造性の関係性」についての記事が掲載されました.
■日本経済新聞 キャンパス探訪「テントで創造力アップ? 関西学院大学が研究」2022/7/10
■読売新聞夕刊 月間大学6月号「教室飛び出しテント交流 意見交換やくつろぐ場」2022/06/25
■神戸新聞朝刊「テントで作業すると創造性向上?」2022/5/25
■毎日新聞朝刊「テントで創造性向上」2022/5/20
2022.06
新海公章氏(感性工学研究室・M2)が「日立製作所のAI・デジタル研究者と学ぶ課題解決型オンラインハッカソン」(2021年10月23日-24日開催)において最優秀賞を受賞しました.[最優秀受賞者インタビュー]
2022.06
ソニーグループ合同 データ分析コンペティション(for Recruiting)大気中の汚染物質濃度の予測に挑戦しよう!において,山岡大輝氏(環境知能工学研究室・M2)が,1661名中3位入賞をはたし,6月23日に受賞講演(zoom)を行ないました.
2022.04
河野恭之教授(ヒューマンコンピュータインタラクション研究室)と長田典子教授(感性工学研究室)に,情報処理学会より2021年度フェローの称号が贈られました.
この称号は,情報処理および情報通信等の分野で学術的または産業的発展・普及・振興などに著しい貢献をした学会員に授与されるものです. [写真]
対象業績
河野恭之教授「体験記録に基づく記憶拡張支援のためのインタラクション技術と実世界センシング技術の開拓
長田典子教授「性評価技術の研究および産学連携による実用化
  

関連リンク

ダイバーシティ推進本部

女性も男性も,もっとHAPPY に学べる・働ける大学をめざして,関西学院大学は男女共同参画を推進しています.

人工知能研究センター

2017/8/1 関西学院大学 特定プロジェクト研究センター「人工知能研究センター」設置.

人工知能と機械工学,未来をつくる技術を創出

2021/04/01 関西学院大学 工学部 知能・機械工学課程 発足.