2分でわかる人間システム工学科

NEWS

2018.5
人間システム工学専攻修了生の清水 琢也さん(2016年3月・岡留研究室(環境知能工学研究室)修了)が,技術評論社 Software Design誌にて,「scikit-learnで学ぶ機械学習アルゴリズム」を2018年5月号から連載中です.
2018.5
人間システム工学科 井村 誠孝教授(バーチャルリアリティ学研究室)の研究成果が,2018年5年1日(火)~8月24日(金)の間,文部科学省旧庁舎3階情報ひろば企画展示室で展示されています.[広報室]
井村教授は「VRには大仰な装置が必要なものだけではなく,様々な形態があります.ふらっと立ち寄ってもVRのエッセンスが感じられるデモを用意しましたので,沢山の方に体験していただければ嬉しく思います」と話しています.
2018.4
中後研究室(サービスロボティクス研究室)M2・豊島 淳希氏が,平成29年度電気学会産業応用部門研究会 優秀論文発表賞を受賞しました.
受賞者:豊島 淳希・西野 希・中後 大輔(関西学院大学),村松 聡(東海大学),横田 祥(東洋大学),橋本 洋志(産業技術大学院大学)
題目:人に不快感を与えずに自然な歩行者回避を行う自律移動ロボット,平成29年度電気学会産業応用部門研究会,IIS-17-048,2017.[賞状]
2018.1
長田研究室(感性工学研究室)谿雄祐特任講師と(株)コーセーとの「透明感」に関する共同研究成果が,製品化に活用されました.『~「視覚」と「触覚」でつくる「透明感」の実現 ~ スキンケア製法の“肌どけ”パウダーファンデーションを開発』
2017.9
9月9日(土),10日(日)に開催された第22回日本顔学会大会(フォーラム顔学2017)において,井村研究室(バーチャルリアリティ学研究室)卒業生の林田 賢二氏が輿水賞を受賞しました.
賞名:第22回日本顔学会大会(フォーラム顔学2017)輿水賞
受賞者:林田 賢二,井村 誠孝
題目:視線の動きに基づいた英語多読支援システム
2017.9
9月9日(土),10日(日)に,第22回日本顔学会大会(フォーラム顔学2017)が,本学西宮上ケ原キャンパスにて,大会長:岸野文郎客員教授(感性価値創造研究センター),実行委員長:長田典子教授,プログラム委員長:井村誠孝教授の実行組織で開催されます.
(案内リーフレット⇒
神戸新聞に掲載されました(9月8日版)⇒「モテる顔とは?」西宮で日本顔学会 9日から
2017.8
関西学院大学 特定プロジェクト研究センター「人工知能研究センター」が8月1日始動!人工知能研究センター
2017.6
6月1~2日に東京大学弥生キャンパスで開催された第173回情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会において,河野研究室(ヒューマンコンピュータインタラクション研究室)M1 菅佐原俊介君の発表が学生奨励賞を受賞しました.
題目:「肩載せPTZカメラを用いた写真撮影システム」
2017.6
第131回ヒューマンインタフェース学会研究会において,山本研究室(ヒューマンコミュニケーション研究室)M2 松尾良磨さんらが発表した研究が,「コミュニケーション支援研究賞」を受賞しました.
受賞者:松尾 良磨, 酒井 大貴, 福森 聡, 山本 倫也, 長松 隆
受賞論文:「笑いの表情に対応した視線計測のためのgaze coneの計測」
2017.5
長田典子教授が文部科学省「情報ひろばラウンジ」にて講演しました.
日時:2017年5月29日(月)14:00~16:00
会場:文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)
発表タイトル:  「感性のものさしをみんなで作ってみよう!~プロダクトデザインにおける感性価値のメトリック~」
[関西学院広報室]
2017.5
長田典子教授の文部科学省エントランス展示の記事が掲載されました.

■神戸新聞 感性の仕組みに迫る 文科省で関学大教授の研究展示
関学facebook
2017.5
文部科学省エントランスで長田典子教授の研究成果を展示します.
日時:4月28日(金)~6月23日(金)
場所:文部科学省新庁舎2階エントランス(銀座線「虎ノ門駅」11番出口直結)
テーマ:「感性のものさしをみんなでつくってみよう!」
※申し込み不要,一般参加可,無料,是非お越しください
[関西学院広報室]

関連リンク

男女共同参画推進支援室

女性も男性も,もっとHAPPY に学べる・働ける大学をめざして,関西学院大学は男女共同参画を推進しています.

人工知能研究センター

2017/8/1 関西学院大学 特定プロジェクト研究センター「人工知能研究センター」設置.